大切な家族~ピコと動物達のブログです


by piko-nono
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:動物のこと( 22 )

気になるけど

今だあまり、このブログ使いこなさません(・Ω・=)

そんな事はさておき。

会社の用事で、月に何回か郵便局に行くんだけど、そのほんの数分の道のりの中で、私がいつも心痛むことがあるの。

古いアパートの外で飼われてる柴だと思われるワンコ。

外で…ゆーのも心痛むワンコ馬鹿な私だけど、もっと心が痛むことがある。

多分、このワンちゃん、皮膚病なんだよね。
お腹の毛や顔の毛、手の毛、足の毛が無くて、皮膚が真っ黒になってるの。
痒いみたいで、目がしょぼしょぼしてて、いつもぽりぽり掻いてる。

かりかりじゃなくて、ぽりぽり。

きっともうお年なのかな???

飼い主らしき人をこの前見かけたんだけど、おじいさんだった。
そのアパートの大家さんみたいで、細々と暮らしてる感じ。

明らかに病んでるワンコなのに、どうして病院に連れて行かないんだろう…
って思ってたんだけど、おじいさんが飼ってるのを見たら納得したわ。

ワンコの食事は残飯で、犬小屋もあの三角屋根の小屋、首輪の鎖はチェーンだし、外飼いだし…

昔の人だから、動物なんて病院に連れて行きません!
ってゆーか病院に行く概念がないのね、きっと。

そのワンコに会う度に、連れて帰って、病院に連れ行って、暖かい家でのんびり余生を過ごさせてあげたい!!!人の温もりの中で過ごさせてあげたい!!!
おじいさんに何度頼もうかと思ったことか。

でもね、そのワンコにとって、きっと生まれてからこの生活だから、それが当たり前で、外にいるのが好きで、おじいさんのことが大好きで、幸せなのかもしれない。

そう思ったら、このままでいいのかな?
って思ってしまうよ。


結局ね、おじいさんに頼んで、連れて帰る勇気も、病院に行かせてあげれるお金もないんだ。

ただ、いつも、しょんぼりしてる様な、そのワンコを見ると、切なくって。

ダメだね。
[PR]
by piko-nono | 2008-09-10 21:04 | 動物のこと

動物ボランティア

7月の始めに、ずっとずっと目で見たかった【動物ボランティア】の見学会に参加しました。

勇気を出して、預かりワンコボランティアをやってる方にコンタクトをとり、自分の思いをメールで書いて送りました。

札幌郊外にあるワンコ・ニャンコのシェルターの見学会があるとお返事を頂き、私も参加させて頂きました。

50匹のワンコがいました。

ビーグルが4匹

その中の1匹は虐待の跡…

胸がいっぱいになる。

シェルターは思った通りの環境だった。

はっきり言って衛生的ではないし、ドッグランは日陰もない。

募金や物資協力でなんとかやっていってるみたい。

健康なワンコ・ニャンコばかりじゃないし、治療費だっている。

だから、仕方がない。

奥の部屋には、虹の橋に旅立とうとしてる子が…子犬ちゃんと一緒にいました。
なんとも言えないな。

でもね、ここのいる子はみんな助かった命なんです。
ギリギリの所で助けられた命なんです!!!

ご飯がもらえる・水を飲ませてもらえる!!!
これから愛されて老いて虹の橋に行ける子達です。

だから、いいのかな…

複雑な心境のまま帰宅しました。

家に帰ると、ほら
『傍にいたいの…』
c0179048_21145273.jpg

こんなに近くで、愛してくれる子が…
c0179048_21152897.jpg
ちょ、ちょっと…ピコさん。いつもあっちのソファーに座ってるのに、どーしてこっちにくるの?(汗)

『1分でも1秒でも一緒にいたいから…だよ♪』


ねぇ、なんでこんなに無条件で愛してくれる子を、捨てることが出来るのでしょう?

人間と同じ、ご飯を食べるし、水も飲む、うんこだってするし、病気にもなる。

でもね、人間みたく裏切ったりしません。
例え、貧乏になっても、どんなに顔が変形してみったくない顔になっても、ちゃんと傍にいてくれます。

何の利益を考えず、ただただ愛してくれるばっかりです。

私にはわかりません。

ピコを捨てることが出来る?

あの冷たいコンクリートの上に置いていき、私やママがいないところで…暗いところで…苦しい思いをさせて、殺せますか?

このブログを見てくれてる方は、動物に対して、とても暖かな心を持ってる方なかりだと思います。

人に伝えて下さい。
保健所のしくみや、パピーミルのこと。
奪っていい命なんて、この世にはありません。

動物を迎えようとしてる人に…

ご飯代・散歩の時間・病院代がいること。
手間がかかること。
自分の時間を費やすこと。
老いること。
死ぬこと。

そのことを理解した上で迎えてほしい。

私だって、ピコにやつあたりしたことがあります。
私がイライラしているところに、ピコがわがままを言って、不本意に叩いたことだって…

その後はいつも後悔ばかりです。
ごめんねって言う前に、いつもピコから傍に来て『ごめんね』って言ってくれる。

こんな優しい子…誰が捨てたりするの??
[PR]
by piko-nono | 2008-09-01 21:51 | 動物のこと